DJI Power 1000

販売価格 114,400円(税込)
型番 DY0001


最大出力電力 2000W

DJI Power 1000は、バッテリー容量1024 Wh、最大出力2000 W [1]で安定した電力を供給し、特定のDJIドローンを急速充電できます。

DJI製ドローンを急速充電 [3]&70分で完全充電

DJI Power SDC超急速充電機能で
特定のDJIドローンのバッテリーを急速充でき、
思いっきり飛行して、さらなる創造性を発揮できます。
家庭用電源に接続時、DJI Power 1000は
1200Wと600Wの2つの充電モードに対応し、
バッテリー残量100%まで充電するのに70分、
80%まで充電するのに50分しかかかりません。[2]

安全・安心設計&2つのUSB-C出力ポート(最大140W)

Power 1000はスイスの認証機関SGSの
‌26種類の製品試験認証を取得し、 安全に使用でき、
充電サイクル4000回 [4](約10年)を誇ります。[5]
DJI Power 1000には、2個の140W USB-C出力ポート[6]が
搭載され、 合計出力は最大280 Wを誇り、USB-Cポートを
備えたデバイスを
シームレスに使用できます。

豊富なアクセサリー&ソーラー充電に対応 [7]

DJI Power 1000は、USB-Aポート×2、
AC出力ポート×2、SDCポート×1、 SDC Liteポート×1、
1/4インチ ねじ穴×2を搭載し、
様々な充放電方法に対応しています。
DJI Power 1000は、MPPTモジュール‌もしくは
DJI Power 車内電源ソケット - SDC 電源ケーブル‌ [8]と接続し、
太陽光充電を行えます。

同時に複数のデバイスを充電できる、大容量1024Wh ポータブル電源

1024 Whのバッテリー容量を持つDJI Power 1000は、最大2000 Wの出力を誇り、幅広いシナリオで99%の一般デバイスに安定して電力を供給できます。

注釈

1.‌ 製品のバッテリー残量が20%以上の時に、使用可能。
2. 25℃のラボ環境下で試験した値で、この値はあくまで参考用です。
3. バッテリーの急速充電は、DJI Mavic 3シリーズ、DJI Air 3、DJI Inspire 3、Matrice 30シリーズで対応しています。
この機能には、別売のアクセサリーが必要です。
4. 25℃のラボ環境下で、600Wの標準充電モード中に1000 Wの出力をした場合の測定データです。
5. 製品を正しく使用しながら、毎日1回完全に充放電した場合、DJI Power 1000は、約10年のバッテリー寿命を実現します。
このデータはあくまで参考用です。実際の値は、状況により異なる場合があります。
6. USB-Cポートは140 Wの最大出力に対応しています。充電するデバイスがPD 3.1プロトコルに対応し、
EPR(拡張電力域)の仕様に合致したUSBケーブルを使用する必要があります。
7. 太陽光での充電を行うには、ソーラーパネル、DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT)、アダプター ケーブルが必要です。(全て、別売です。)
8. DJI Power 1000は、最大2つのDJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール(MPPT)に接続でき、それぞれ最大3枚のソーラーパネルに接続できます。
これにより、同時に最大6枚のソーラーパネルをDJI Power 1000に接続することができます。
また、DJI Power 車内電源ソケット - SDC 電源ケーブルを介して、DJI Power 1000は1枚のソーラーパネルに接続できます。
9. DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT)とソーラーパネルは別売です。
完全充電までかかる最速時間は、25℃のラボ環境下で測定したデータで、この値はあくまで参考用です。
充電時間は、太陽光の入射角や強度などの要因に影響を受けます。実際の値は、状況により異なる場合があります。
DJI認定ブランドZignesのソーラーパネルを使用することをお勧めします。
DJIの公式推奨品以外のソーラーパネルを使用する場合は、ソーラーパネル コネクターからXT60インターフェースへ変換する必要があります。
MPPTやポータブル電源が損傷することを防ぐため、各ソーラーパネルの開放電圧が30 V未満になっているか確認してください。
1つのXT60インターフェースに接続する各ソーラーパネルの出力電力は200 W以下、全ての
MPPTモジュールに接続するソーラーパネルの合計出力電力は400 W以下にしてください。

同梱物

DJI Power 1000 ×1
ACケーブル ×1
仕様21480
モデル番号DYM1000L
容量1024Wh
正味重量約13kg
サイズ448×225×230 mm(長さ×幅×高さ)
ポート数AC出力×2
USB-C×2
USB-A×2
SDC×1
SDC Lite×1
AC入力×1
最大動作高度3000m
AC出力AC100-120V、50/60Hz、最大連続出力:2200W
最大連続出力電力は、製品のバッテリー残量が20%以上の時に利用可能です。AC出力データは、国や地域によって異なります。
日本国内では、電圧が100Vであるため、日本版の最大連続出力電力は2000Wです。
AC出力(バイパスモード)AC100〜120V、12A、1440W
USB-A出力5V、3A
9V、2A
12V、2A
最大出力電力(チャンネル毎):24W
USB-C出力5V、5A
9V、5A
12V、5A
15V、5A
20V、5A
28V、5A (EPR)
最大出力電力(チャンネル毎):140W※
※USB-Cポートは140 Wの最大出力に対応しています。
充電するデバイスがPD 3.1プロトコルに対応し、EPR(拡張電力域)の仕様に合致したUSBケーブルを使用する必要があります。
SDC & SDC Lite出力SDC:9〜27V、最大電流:10A、最大出力電力:240W
SDC Lite:9〜27V、最大電流:10A、最大出力電力:240W
SDCポートとSDC Liteポートの両方が拡張アクセサリーに対応しています。
AC入力AC100〜120V、1200W(充電)、1440W(バイパスモード)
SDC & SDC Lite入力SDC:DC32〜58.4V、最大400W、8A
SDC Lite:DC 32〜58.4V、最大400W、8A
SDCポートとSDC Liteポートの両方が拡張アクセサリーに対応しています。
電池の種類LFP電池(リン酸鉄リチウムイオン電池)
サイクル回数3000サイクル以降は、80%以上のバッテリー容量を維持します。
25℃の室温環境下で、600W標準充電モードで充電し、1000Wの出力時に測定した値です。
電力供給温度-10℃〜45℃
充電温度範囲0℃〜45℃
保管環境温度-10℃〜45℃
互換性DJI Mavic 3シリーズインテリジェントフライトバッテリー
DJI Air 3インテリジェントフライトバッテリー
DJI Inspire 3 TB51インテリジェントバッテリー
Matrice 30シリーズ
TB30 インテリジェントフライトバッテリー
※充電用ケーブルは別売りとなります※


FAQ

DJI Power 1000
【画像を拡大する】
DJI Power 1000
【画像を拡大する】
DJI Power 1000
【画像を拡大する】
DJI Power 1000
【画像を拡大する】
DJI Power 1000
【画像を拡大する】
DJI Power 1000
【画像を拡大する】

この商品は 2024年04月17日 にカタログに登録されました。

お客様にお勧めの商品です
DJI Osmo Action ヘルメット顎マウント【Action 4/Action 3/Action 2/Action】
DJI Osmo Action ヘルメット顎マウント【Action 4/Action 3/Action 2/Action】
DJI Osmo Action バイク・自転車用アクセサリーキット【Action 4/Action 3/Action 2/Action】
DJI Osmo Action バイク・自転車用アクセサリーキット【Action 4/Action 3/Action 2/Action】
DJI Osmo Action NDフィルターKit【Osmo Action 4/Osmo Action 3】
DJI Osmo Action NDフィルターKit【Osmo Action 4/Osmo Action 3】

商品を検索する

コンテンツ